ネットワークハードディスクドライブでテレビを見る


ネットワークハードディスクドライブで、ネット経由でテレビを見られる製品が出てきています。

ハードディスクレコーダーとの違い

遠隔視聴機能付きのブルーレイレコーダーやハードディスクレコーダーは、チューナーや録画機能がついていますが、ネットワークHDDはチューナーなどが付いていません。

レコーダーにある録画済のテレビ番組を、ハードディスクにダビングし、遠隔視聴を可能にするものです。

言ってみれば、外出先で見られるようにする中継機器のようなもので、遠隔視聴できるハードディスクレコーダーがあれば、必要はありません。

どういう時に使える?

どういうケースでネットワークHDDが使えるのか考えてみると、

  • 今ブルーレイレコーダーやハードディスクレコーダーでテレビを録画しているがネットワーク機能がない人

くらいかと思われます。

ただ、遠隔での録画予約に対応していないものもあるので、転送機能だけであれば、Sling Boxなどで十分。

 

対応機器の確認が必要

レコーダーからのダビングを行うため、対応機種の確認に注意が必要です。

レコーダーに新しく録画されたテレビを自動ダビングする機能などは便利なのですが、レコーダーの機種によって対応しているかどうか異なるため、機能ごとに対応を確かめましょう。

 

どういう時に使える機器なのか、イマイチ利点が見つからないのですが、ネットワークハードディスクのご利用者の声はこちらからご覧ください。